レイク限度額

みずほカードローン限度額を変更するには?

みずほ銀行カードローンは、最高1000万円までの限度額が認められる、高額融資に向いたカードローンです。
最初の申込みでは少ない限度額が設定されることもありますが、より高額な限度額を目指し、増額の審査を受ける方もいるようです。
しかし、みずほ銀行に限らず、カードローンの増額審査には、問題点がないというわけではありません。
必ずしも増額が認めるわけではなく、収入証明書が必要だったり、限度額が減ってしまう場合があるからです。
増額の審査も数日から1週間近くかかりますので、追加融資が必要なだけなら、別会社のローンの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

みずほ銀行カードローンの限度額変更に必要なものとは?

 

みずほ銀行カードローンの限度額変更では、収入証明書の提出が求めることが多くなります。
みずほ銀行では、カードローンの申込みの際に「200万円まで収入証明書不要」としていますが、限度額変更の手続きでは、必要になることが多いようです。
源泉徴収票や納税証明書、確定申告書の写しなどが必要になりますので、事前に用意した上で変更の手続きを申し込まなければなりません。
アルバイトやパート勤務の方の中には、収入証明書の用意が難しい方もいると思います。
源泉徴収票などが手元にないときは、別会社のローンで追加融資を受けるようにしましょう。

 

増額審査でみずほ銀行カードローンの限度額が減る?

 

みずほ銀行カードローンの増額審査では、現在のカードの限度額は保証されません。
別会社のローンの返済に問題があったり、携帯電話の料金の延滞があったりすると、現在よりも少ない限度額に決まることがあります。
カードの限度額が減らされるだけならいいですが、最悪の場合、カードの利用停止という結果になることもあります。
カードローンの増額審査はリスクがともなうといわれますが、これは、カードの限度額が減る場合があることを意味しています。

 

追加融資は別会社のカードローンで!

 

みずほ銀行カードローンに限らず、追加融資が必要になっているときは、別会社のカードローンを利用する方が安全です。
バンクイックやレイクのような即日融資ができるサービスもありますし、バンクイックも200万円程度までは、証明書不要で借りれます。
あえて増額審査のリスクを負う必要はありませんので、今のカードローンとは別のカードローンで融資を受けるようにしてみてはいかがでしょうか。