レイク限度額

消費者金融の限度額一時引き上げの審査について

すでにプロミスやアコムのような消費者金融を利用されている方のなかに、限度額の一時引き上げを希望する方がいます。
一時的に現在の限度額を上回る融資が必要となり、追加融資のために限度額をあげて欲しいというのが背景にあります。
このときにプロミスやアコムに電話をかけ、限度額引き上げの審査を受けることも可能ですが、増額審査には、いくつかの問題点があります。
思わぬデメリットを受けることもありますので、ここで増額審査の注意点について確認するようにしてください。

 

限度額一時引き上げには収入証明書が必要!

 

まず、プロミスやアコムのような、総量規制の影響があるカードローンを利用している場合、限度額一時引き上げのために収入証明書の提出が必要になる場合があります。
カードの限度額が50万円を超えるとき、あるいは、別の消費者金融との残高が100万円を超える限度額となるときは、必ず提出が求められます。
源泉徴収票や所得証明書などが手元にあれば別ですが、そうでないときは、書類の用意に時間がかかる可能性があるのが問題となります。

 

審査の結果によっては限度額が減ることも!

 

また、限度額一時引き上げの審査は、現状の限度額が保証された手続きではありませんので、かえって限度額が減ってしまう可能性があります。
とくに、これまでの返済に遅れがあったり、クレジットカードや携帯電話の支払に遅れがあったりすると、意外にも簡単に限度額が減らされます。
カードの限度額が減らされるリスクがあることを承知の上なら別ですが、そうでないときは、別の方法で追加融資を受ける方が安全です。

 

一時的な追加融資は別会社のカードローンで!

 

追加融資が必要になっているだけなら、別会社のカードローンで融資を受けるのがおすすめです。
収入証明書なしで申込むこともできますし、カードの限度額が引き下げられるリスクがなくなります。
総量規制対象外カードローンを利用すれば、年収の3分の1超の借入れも不可能ではありません。