レイク限度額

カードローンの限度額引き上げの問題とは?

すでにカードローンの利用をされている方の中には、「カードの限度額を引き上げて欲しい!」と希望する方もいるようです。
消費者金融や銀行カードローンのカードの限度額は、希望を伝えるだけで増額の審査が受けられます。
しかし、カードローンの増額審査には、さまざまな問題点がありますので、必ずしもすべての方におすすめできる方法ではありません。
カードローンの限度額引き上げの問題点について確認し、正しい方法で追加融資を受けるようにしましょう。

 

限度額増額の問題点とは?

 

カードローンの限度額増額の問題点は、

  • 現状のカードの限度額が保証されていない
  • 収入証明書の提出が必要

の2つになります。
他にも限度額引き上げのデメリットを説明する方もいますが、最も重要なのは、上の2点です。
現在のカードの限度額が保証されているわけではなく、かえって限度額が減らされる心配があるのがいちばんの問題です。
別会社のローンの返済に問題があったり、クレジットカードや携帯電話の支払などに問題があるときは、限度額引き上げの審査は受けない方が安全です。

 

収入証明書の用意ができるか?

 

また、カードローンの限度額引き上げの審査では、収入証明書の用意が求められることがほとんどです。
カードローンの申込みでは、「100万円までは証明書不要」となっている場合でも、増額審査については、例外となっているケースがあります。
源泉徴収票や所得証明書、納税証明書などの提出が求められますので、事前に用意しておかなければならないという問題があります。

 

追加融資を受けるだけなら別会社のローンで!

 

一時的に追加融資が必要になっているだけなら、別会社のカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。
今あるカードローンとは別の申込みになりますので、少なくとも、現在のカードの限度額が減る心配はありません。
別会社のローンの申込みに成功すれば、限度額引き上げできたのと同じですし、最悪でも現状維持とできるのが大きなメリットとなります。