レイク限度額

カードローン限度額変更をするために!

カードローンを利用している中で限度額変更の必要が生じた場合、限度額増額の審査を受けることができます。
カードローン会社によって基準は異なりますが、通常は、好きなタイミングで限度額変更の希望が出せます。
しかし、カードローンの限度額変更の手続きには、いくつかの注意点があるのも事実です。
カードローン限度額変更の注意点を知らずに申込んでしまい、不本意な結果とならないように注意することが重要です。
ここでは、カードローンの限度額変更の手続きの問題点について説明しますので、よく理解した上で希望を出してみてはいかがでしょうか。

 

カードローンの限度額変更の問題点とは?

 

カードローンの限度額変更の手続きにおける問題点は、今の限度額が保証されていない点にあります。
限度額変更の手続きでは、増額審査を受けることになりますが、審査の結果によっては、今よりも少ない限度額に決まることがあるということです。
追加融資が必要になっているときに、限度額が減らされてしまうというのは、最悪の事態だと考えられます。
さらに、別会社のローンの残高が増えていたりすると、カードの利用停止ということもありますので、安易に限度額変更はしない方が良いといわれています。

 

追加融資は別会社のカードローンで!

 

追加融資が必要になっているなら、別会社のカードローンを利用するのがおすすめです。
別会社のカードローンの利用なら、現在のカードの限度額に影響することはありません。
最低限、現在のカードの限度額が保証されていますので、誰でも安心して追加融資にチャレンジできるのではないでしょうか。
ただし、今利用しているカードローンが消費者金融の場合は、総量規制の影響がありますので、カードローンの選び方に注意する必要があります。

 

追加融資のためのカードローンは総量規制対象外で!

 

追加融資のためのカードローンの選び方は、基本的には、総量規制対象外カードローンを選ぶのがおすすめです。
総量規制は、年収の3分の1を超える融資をしてはいけないというものですが、これは、消費者金融や信販会社のカードローンに影響するものです。
銀行のカードローンは総量規制対象外となっていますので、年収の3分の1超の融資も可能です。
高額な追加融資にも対応できるサービスがありますので、その中から選んでみてはいかがでしょうか。
バンクイックやレイクなどの総量規制対象外を選べば、申込んだ当日中に追加融資を受けることも可能です。