レイク限度額

結婚式を忘れていて現金がなくキャッシングを利用

いきなりで言いますと、借金、キャッシングというものは嫌いでした。
理由としては、まず利息がかかることです。キャッシングの会社からすれば当然ですが、お金を十分に用意しておけば済む話なのにそれを借りるばかりによけいなお金が必要ということが自分としては許せませんでした。またキャッシングの利率と言えば非常に高いという印象があったので、利息もたくさん取られそうで、それが嫌でした。
もう1つの理由は、借金そのものに対する恐れというか、恐怖感です。人は本来自分の収入の中でやりくりして暮らしていくべきものだと思っており、それが健全な生活の基礎だと考えています。それを借金で、ベースの使えるお金を増やしてしまうと、それが普通になって自分の暮らしが分相応を超えて派手になってしまい、それがきっかけで破たんしてしまうような気がして、非常にそれが恐ろしいことに思えていました。
しかしそういう私が、キャッシングをすることになってしまいました。
原因は、友人の結婚式が日曜日にあったことをすっかり忘れていて、気づくと手元には数千円しかありませんでした。銀行口座もあいにく給料日直前で同じくらいの金額しかありません。クレジットカードは持っていますが、まさかご祝儀をカードで払うわけにはいきません。それで熟考した末、クレジットカードのキャッシング機能を使ってお金を借りることにしました。土曜日に駅にあるATMに行って念のため10万円を借りました。もっと手間がかかると思いましたが、普通に銀行のカードでおろすように、何事もなく借りることができました。
そのお金で、無事に日曜日の結婚式を乗り切り、月曜日に給料が出たので、急いで返済に行きました。利息は、100円程度でこれなら休日にATMで「自分の」お金をおろす手数料より安いです。
これでいきなりキャッシングに頼る生活にはなりませんが、万が一の場合は、キャッシングというものも節度を持って利用すれば悪くないな、と思いました。